アフリカ旅に持って行って助かったランキング!

アフリカ旅に持って行って助かったランキング!

今日は「持って行って助かった持ち物」トップ5を発表!

ポッドキャスト:

今回は「アフリカ旅に持って行って助かった〜」と思った持ち物のトップ5を発表!
やなぎーが選ぶトップ5と、きじーが選ぶトップ5が異なったのでそれぞれ分けてご紹介します。私たちが実際に旅をして感じたことやエピソードをふまえてお届けしますので、これから長旅に出る予定の方はぜひ参考にしてくださいね。

アフリカ旅に持って行って助かったランキング

第1位はビーチサンダルと電源タップです!トップ5はどれも負けず劣らずでしたが、この2つが無かったらかなり困っていた(気持ちが沈んでいた)と思います。

ランキングの理由は、次の「トップ5を詳しくご紹介!」でお伝えします。

やなぎーのトップ5を詳しくご紹介!

第1位:ビーチサンダル

第1位のビーチサンダルは宿で大活躍!海外では家の中でも靴を履く習慣がありますが、お風呂に入った後に靴を履くのは絶対嫌なのでビーサンを履いていました。

ビーサンはairbnbの宿やホテルだけに留まらず、砂漠にも履いて行きました!砂漠を歩く際は「登山靴」がベストと言われていますので、実際に行かれる方はご自身で判断してくださいね!
乾季の7月に砂漠に行ったのですが、1番暑い時間帯の真昼間は砂が暑くてちょっと痛いなあという感じでした。サラサラの砂漠を肌で感じたくて裸足でほとんど登っていましたが、靴と違ってすぐ脱げるから便利でした!

第2位:メスティン(アルミ製の飯ごう)

第2位はメスティン!メスティンは、アウトドアなどで使われるアルミ製の箱型の飯ごうです。
白ご飯が食べたくなるだろうと思い持っていきましたが、大正解の選択でした◎

メスティンでご飯を炊くには「火」が必要です。電気で炊ける製品もあるので興味がある方は調べてみてくださいね!

メスティン

第3位:リップクリーム

第3位はリップクリーム!普段のやなぎーはリップクリームを使うことがほとんどありません。しかし、アフリカの乾燥具合がひどく、少しでも笑うものなら唇が割れてしまうほどでした。
普段はポーチの奥に潜んでいるリップクリームですが、一時も手放せない存在に変わりました。

私たちが訪れたのが乾季のアフリカだったため空気が特に乾燥していたのかもしれませんが、どの季節でも持っていくことをオススメします。唇以外もカサカサになるので旅の途中でNIVEAを買って塗りたくっていました(笑)

第4位:寝袋

第4位は寝袋!野宿ツアー参加のために寝袋を持って行きましたが、実際は野宿以外の日も使うほど重宝しました。アフリカは昼間は暑いのに夜はアウターを重ね着しても寒い日があり、寒暖差が激しいです。宿に毛布なんてものは置いてありませんので、寝る時に寒いと思ったら寝袋に入った上から布団をかけて寒さを凌ぎました。
エアコンの無い宿が多いし、他の人はどうしているんだろう…。

私たちが持っていったモンベル製の寝袋について少し紹介します!
モンベルの寝袋には#0・1・2・3・5・7の番号がつけられており、数字が小さいほど寒さに強い製品です。やなぎーは#3(春・秋向け)、きじーは#5(夏向け)を持って行きましたが、乾季のアフリカでは#3がピッタリでした。軽量重視で選んだ#5では寒かったです。

第5位:地球の歩き方

第5位は、グループで1つは持っておきたい「地球の歩き方」。アフリカ旅に行く前は時間が取れずほとんど読めなかったのですが、旅中は移動の合間に読むことが出来ました。本当にタメになる情報が満載です。本なのでネットが繋がらない地域で読めるのもGoodポイントです!

きじーのトップ5を詳しくご紹介!

第1位:電源タップ

第1位は電源タップ!PCやカメラを使って仕事をする私たちにとって電力の供給は必須です。PCやカメラの他にも、ドライヤーや電気湯沸かし鍋など電気を必要とする製品を多く準備していたため、電源タップが無ければコンセントの奪い合いになっていたと思います…。

また、PCやイヤホン、電源コードなどの機器は、サブ機を準備しておくことをオススメします。私たちは40日ほどの旅でしたが、その間に機器の調子が悪くなるというトラブルもありました。

第2位:下痢止め・ポカリスエット

第2位は、同列で下痢止めとポカリスエット!この2つは本当に必須です。
環境が変わり食べ物が変わると、やっぱりお腹を下しやすい…。旅を楽しむためにも体調を崩した時は薬に頼ることをオススメします!お腹を下している時は水分が抜けやすいので、ポカリスエットなどのスポーツドリンクでしっかり水分補給してくださいね。

また、砂漠にはスポーツドリンクを必ず持って行くようにしてください!水があれば充分では?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、水だけでは体内の塩分濃度が薄められ水分がうまく吸収されません。水分と一緒に塩分を取ることも心がけてくださいね。

第3位:サランラップ・アルミホイル・アイラップ

第3位は、同列でサランラップとアルミホイル、そしてアイラップです!現地で調達できるかな?と考えていたのですが、現地のお店にはほとんど置いてありませんでした。
この3つは本当に万能なので日本から持っていくことをオススメします。特に自炊を考えている方は必須の持ち物だと思います!

第4位:(お米も炊ける)電気湯沸かし鍋

第4位は電気湯沸かし鍋!お米も炊けるという点がポイントです。今回はメスティン(アルミ製の飯ごう)もランクインしましたが、地域によってはガスが調達出来ないところもあります。そんな時に電気湯沸かし鍋が活躍します。タイ米でも問題なく炊くことができました◎

第5位:アーミーナイフ

第5位はアーミーナイフ!「多機能ナイフ」と言われるだけあって本当に万能です。airbnbではハサミや包丁を置いてない宿が多いため、荷解きから調理まであらゆる場面でアーミーナイフが活躍しました。刃物なので飛行機で移動する際は気を付ける必要がありますが、1つ準備しておくことをオススメします。

まとめ

今回は「アフリカ旅に持っていって助かったランキング」として、やなぎーときじーのトップ5をそれぞれご紹介しました!どれも本当にあってよかった〜というものです。

番外編「アフリカ旅に持って行って助かったランキング(番外編)」で、今回お伝え出来なかった持ち物も紹介しています。よかったら見てみてくださいね。

前の記事へ
帰国しました!44日ぶりの日本、最高です。
2022.07.15
アフリカ旅行記
帰国しました!44日ぶりの日本、最高です。
次の記事へ
アフリカ旅に持って行って助かったランキング!【番外編】
2022.08.08
アフリカ旅行記
アフリカ旅に持って行って助かったランキング!【番外編】

アフリカ旅

アフリカ旅

サバンナ野宿、野生動物との遭遇、砂漠、塩湖などまさに冒険尽くし。アフリカ5カ国を周遊!

こちらの記事も人気です