ビクトリアの滝、わずか数分でびしょ濡れに!世界三大瀑布の威力とは
DAY14

ビクトリアの滝、わずか数分でびしょ濡れに!世界三大瀑布の威力とは

ザンビア

滝の水飛沫で全身ずぶ濡れになる

まさか滝の水飛沫で全身がびしょ濡れになるとは思わなかった。ちなみに少し濡れるなんてレベルではない。傘を持たず嵐の中にいたかのような姿になるんです。でも、全貌が見えないほど大きな滝に圧巻され、びしょびしょなことも全く気にならなかった。自然ってすごいや。

ポッドキャスト:

ビクトリアの滝は、日本では考えられないサイズ感の巨大な滝。アフリカのザンビアとジンバブエの国境にある大きな滝です。

深緑な滝

アメリカとカナダにまたがるナイアガラの滝、アルゼンチンとブラジルにまたがるイグアスの滝と並んで「世界三大瀑布」に数えられます。最大落差は108mでビクトリアが世界No.1!ユネスコの世界自然遺産にも登録されています。

滝まで5km!離れていても見える滝

ビクトリアの滝に向かう道中、滝の水しぶきが見えましたっ!

ビクトリアの滝に向かう途中にある景色

しかも虹が出ていた!!これがビクトリアの滝か…。すごいな。まだ滝まで5kmはあるのに、いかに滝が大きくて激しいのかが分かる。

道中から見るビクトリアの滝の水しぶき

虹から湧き上がる煙みたい。なんて幻想的なんでしょう!

公園に入場し、滝見えました。すごい音です!!左奥に見えるのは水しぶき。

ナイフズ・エッジ手前のビューポイント

水がすごい勢いで流れています。ドバアア〜〜〜!!ビクトリアの滝は現地語名で「モシ・オァ・トーニャ(雷鳴のとどろく水煙)」と呼ばれていて、現地語名に納得ですね。

まだ滝まで結構距離があるのにすごい迫力です。滝に近づいてみようと先に進みますが、水しぶきがだんだん降り注ぐようになっていました。

滝まで0km!わずか数分で全身がぜしょ濡れ

ワークマンのレインスーツを着ていざ出陣。

ザンビア側の道

ほんの数分でびしょ濡れに(笑)

こりゃすごい。レインスーツにも少し染みてくるほどです。でももうそんなの関係ない。目の前の滝がすごすぎる。

視界いっぱいに滝があるんです。こんなの見たことないですよ!どこまで続くのか分からないほど横幅が長い。何より、どこからそんなに水が来るのかと考えてしまうほど水量がある。

人生で出会ったことのない光景に大興奮です!!3人ともびしょびしょです。

女子2人のカメラはビニール袋に入れて、カッパのお腹あたりに避難

きじーはこの滝の中、カメラで勇敢に撮影してくれました!やなぎーとみとちゃん、あまりの滝の迫力にあんぐりしてしまってます。笑

滝の威力にあんぐりしている人

何やら「ナイフズ・エッジ」という有名な橋があるということで、来てみました。橋の上は大雨を越え、台風のようでした!!傘を差している人はいないし、風も強いので丈夫なカッパを着ていった方がいいです。スニーカーで来たのは大失敗!靴の中に水溜りができるほど染み染みです!

いろいろすごすぎて、もはや笑ってしまっていました!

橋の上の様子

謎の大群アリに噛まれる

まだまだ滝に打たれていたかったですが他のエリアも周りたいので、一旦お昼休憩をとることに。朝、昨日の残りの日本米を使って鮭おにぎりを作ってきました!海苔と鮭、最高すぎる。何回も「日本の味だ〜〜」と言っていました!

きじーとみとちゃんがいい表情でおにぎりを頬張っていたので、やなぎーは2人の笑顔をカメラにおさめようとかがんで撮影していました。するとなんだか足が少しチクチクと痛みを感じました。外なのでまたトゲでも刺さったかな?と思って、足を見てみると・・・

大量のアリが左足にっ!!!本気の恐怖映像でした。

異常にアリが大きいし、何より数がすごくてやなぎー大パニック。ふくらはぎの下あたりまでアリが登ってきていて、とにかく足をぶんぶん振りました。なんとかアリを追い払いました。アリが怖すぎてとりあえずその場から逃げました。。

少し離れたところで、靴下を脱いで痛みを感じていた箇所を確認。2ヶ所食われたようで、赤く腫れていました。しかも中心部に穴が空いていて、噛まれた感がすごい!!念のため消毒と絆創膏を貼りました。しばらく心臓バクバクでした。結局この腫れは夜には落ち着きましたが、トホホな思い出です。

ちなみにやなぎーがアリの巣を踏んでいたようで、アリが攻撃してきたみたいです。

アリとの一悶着はありましたが、気を取り直して再び滝へ!!国立公園に入って右手奥に行ってみました。滝が落ちる前を見られます!

岩場に行って、より滝に近づきます。

滝の水しぶきがここでも見れます!

ここの水たちはまだ100mもこの後落下するなんて思ってもいないだろうな。

ああ、もうすぐ落ちるよ!!

それにしても、とどめなく水が流れてきておもしろい。

水は看板上のアンゴラというところから流れてくるみたいです!国から国へつながっているのがいいね。

途中で地面から伸びる幻想的な虹を見れました。虹は至るところで見れます!

ザンビア→ジンバブエに国境越えして滝を見る

ここまではアフリカ「サンビア」という国側から滝を見ていました。この後は「ジンバブエ」という国に移動して滝を見ていきます!国境越えは徒歩で行けます。

ただひたすらに真っ直ぐ。

ザンビアとジンバブエの間

※国境越えの詳細はこの記事下の方に書きました。

国境越えの間にあるビクトリアフォールズ大橋はバンジージャンプでも有名みたいです。なぜなら、すぐ下が川になっているから!!橋の右手の景色がこれ。かっこいいーーー!!滝の水しぶきが、ブワっと広がっています。

水もダークな色をしています。

ジンバブエ側に着いたらいきなり綺麗な虹が見えました!!

崖にかかる虹

手前の水がかなり激しいです!東映のオープニングを連想させます。

さらに進み、リビングストン像のあるエリアまで歩きます!リビングストン像結構大きいです!

デイヴィッド・リヴィングストンは、スコットランド出身の冒険家で、(白人で初めて)ビクトリアの滝を見つけた方です。

このリビングストン像の反対側には・・・とっても幻想的な光景が!!

素晴らしい光景に言語も国籍も関係なく、みんなが感動していました。虹は出たり消えたりするのでシャッターチャンスを逃さないように!!

こちらがジンバブエ側のメインスポット、「メインフォールズ」。滝がパノラマで見えます!

ビクトリアフォールズ

岩が緑色なのか、全体的に水が黄色っぽいですね!

とどめなく流れる水の様子

ジンバブエ側は水しぶきはほとんどなく、カッパを濡らすことなく終えられました!

治安が悪い中、帰宅する

今日はザンビア側にある宿に泊まるので、ジンバブエの出国審査とザンビアの入国審査をして帰ります。1日で国を行き来できるのがすごいよね。日本じゃあり得ない。

ビクトリアフォールズ大橋では、おじさんにたくさん話しかけらました。かなりしつこく、橋を渡っている間ずっと話しかけられました。この大橋以外も国境境は売人が多く、治安が良くないです!特に女性は話しかけられやすいので、女性だけは行かない方が良さそうです。

下の写真は物売りがきじーに説明していますが、豆知識になるので紹介します。

青い棒のラインがザンビアの国境です。青い棒の床に白いレーンが2本引いてありますが、そのラインの手前はジンバブエの国境になります。ちょうど、きじーと物売りが立っている白い間のところは、どの国にも属していないとのこと。

きじーはこういう人に慣れていますし相手の出方に応じて対応を変えますが、基本的には相手にしない方がいいです。こういう人に物を買ったり金銭を出すと、次に行く日本人がカモにされてしまいますので、他の人が嫌な思いをしないようにできるだけ断ることをお勧めします。

ビクトリアの滝は電波が通じないところがほとんどで、モリスとの待ち合わせ場所の駐車場も電波が全く入らず、モリスと合流できなかったらどうしようと不安でした。しかも変な人にたくさん話しかけられるし、日も落ちてきていたので余計に不安でした。

でも17時にモリスが待ち合わせ場所にちゃんと来てくれました!!モリスの姿を見た時の安堵感がすごかったです!!!

ビクトリアの滝のお役立ち情報

ベストシーズンは?

水量が多すぎても少なくてもダメで、ちょうどいいのは6月〜8月と言われています。水量が少ない8〜12月は滝を泳ぐことができるアクティビティもあるので何を優先するかによって行くべき時期が変わります!

私たちの場合はルナレインボーという”満月の日だけ見られる虹”がどうしても見たいと思っていました。ルナレインボーは雨の日は当然見られないし、滝の水量が少ないと虹ができないので、2月〜7月が推奨されています。そのことをふまえて6月の満月の日を狙って日程を組みました!

◆ルナレインボーの様子はこちらから

入場料は?

小さな小屋みたいなところで入場料を支払います。大柄な男性で少し威圧感を感じてしまい、撮影は断念。。料金は320ザンビア・クワチャ/人でした。日本円で2,600/人です!クレジットカードで支払えました。

ザンビア側とジンバブエ側の違いは?

◆ザンビア側…滝までの距離がジンバブエ側より近く、世界最大級の威力を間近で感じられる。水しぶきがまるで滝のように降ぎ、びしょ濡れになるのでカッパ必須!旅や冒険が好きな方におすすめ◎入場料は20USD。

◆ジンバブエ側…ビュースポットや宿泊施設が多く、観光地化が進んでいる。パノラマで滝が見えるので、滝にかかる虹の写真が撮りやすい。観光として楽しみたい方におすすめ◎入場料は30USD。

ザンビア側とジンバブエ側の違いは?

アフリカ旅14日目の過ごし方

09:30 リビングストンの宿を出発

朝、タクシー運転手のモリスに迎えに来てもらいました。当初は滝だから半日もあれば十分と思ってこの集合時間にしていたのですが、そんなことは全くなかった!アフリカにはそんなところ存在しない。最大限時間は確保して大丈夫です!

ビクトリアの滝へ向かう
朝から元気なモリスの運転で滝へ向かう

10:00 ザンビア側のビクトリアの滝に到着

10時ごろにザンビア側のビクトリアの滝に到着しました!事前調べが全然できていなかったのですが、モリスが全部案内してくれました。

モリスによるビクトリアの滝の案内

国立公園入口付近は時間がなくて散策はしていないですが、土産物店がありました。そこまで治安がいい感じはしなかったので、お気をつけください!

下記のストリートビューの緑の看板のところが国立公園入口です。右手に土産物店があります。

12:00 水飛沫がハンパないナイフズ・エッジを渡る

ナイフズ・エッジは、嵐のような水飛沫を浴びられる橋です。ザンビア側で有名な橋ですね。国立公園の入り口からナイフズ・エッジは普通にスタスタ歩けば15分もあれば辿り着けます。私たちは撮影もたくさんするし、隅から隅まで見るタイプなので1時間以上かかりました!

12:30 公園内のベンチでお昼休憩

13:30 ザンビア出国

ジンバブエ側に移動するため出国審査に向かいます!

イミグレでパスポートとコロナワクチン接種証明書を提出します!そのやりとりの横で白人のにいちゃんが少し怒って「紙が必要だよ」と訴えていました。どうやら出国証明書の小さなメモを出さないと出国できないらしい。イミグレの人はにいちゃんに言われ、紙を渡していました。

私たちにも紙を渡さなかったので、もしかしたらいらないのかな?と思いましたが、イミグレの門を出るときにその紙を出さなくてはならず、紙を受け取りにまたイミグレに戻りました。出国審査クリアしたのだから何も言わず、紙を渡してくれればいいのに。。

14:00 ビクトリアフォールズ大橋を渡る

ジンバブエとザンビアの国境に架かるビクトリアフォールズ大橋まで来ました!

14:30 ジンバブエの入国審査

やっとジンバブエのイミグレに到着!!ザンビアのイミグレから1時間かかりました。イミグレが意外と混んでいたのもありますが、イミグレからイミグレまでがかなり遠い!!

ジンバブエは元々PCR検査での陰性証明書がないと入国できないと思っていました。でもザンビアに住むモリスから「どの国から来たかによって変わる」と教えてもらいました。その時もらった画像がこれです。

こんなローカルな情報は日本では流石に手に入らない!!私たちはザンビアからの入国になるのでPCR検査は不要になるのです。

イミグレに入ります。

ジンバブエのイミグレはかなりゆるかったです!!イミグレの中に日本の国旗のシールがデスクに貼ってありました。日本からの贈り物なのかな?

15:00 ジンバブエ側のビクトリアの滝に到着

やっとジンバブエに着きましたー!国境越えはやっぱり時間かかります。どっと疲れが来たような気がします。ジンバブエ側での国立公園に入るための入場料が必要で、そんなことをなんやかんやしていたら、15時になりました。帰りの待ち合わせが17時なので、ひい〜時間がない。(本当は16時待ち合わせでしたが、絶対間に合わないので1時間遅らせてもらいました)

15:40 ジンバブエ側メインフォールズ到着

17:00 ザンビア側でモリスと合流して帰宅

夜ごはんは豚肉のトマト煮込みとポテト、サラダでした!ご飯担当じゃない人は仕事を黙々対応。役割分担って大事だね。

●カナダのナイアガラの滝の旅レポ:白銀の世界が広がるナイアガラの滝(Niagara Falls)!冬の見どころは?

※訂正:ポッドキャスト冒頭でアフリカ旅13日目と言っていますが、正しくは14日目でした。

2022.6.12

前の記事へ
ゾウの楽園チョベ公園!ライオンの親子やキリンの大群にも会えました!

DAY13

2022.06.11
ボツワナ
ゾウの楽園チョベ公園!ライオンの親子やキリンの大群にも会えました!
次の記事へ
満⽉の夜に虹!?ルナレインボーをビクトリアの滝で激写

DAY15

2022.06.13
ジンバブエ
満⽉の夜に虹!?ルナレインボーをビクトリアの滝で激写

アフリカ旅

アフリカ旅

サバンナ野宿、野生動物との遭遇、砂漠、塩湖などまさに冒険尽くし。アフリカ5カ国を周遊!

こちらの記事も人気です