白銀の世界が広がるナイアガラの滝!冬の見どころは?
DAY2

白銀の世界が広がるナイアガラの滝!冬の見どころは?

トロント

ポッドキャスト:

真冬の滝も良いものだ!

世界三大瀑布の1つとして知られるナイアガラの滝に行ってきました!冬は観光客が少なくてゆっくり撮影を楽しめるし、滝と雪のコラボはなかなか良かった。

ナイアガラの滝とは何?

日本では考えられないサイズ感の巨大な滝で、カナダとアメリカの国境境にあります。ナイアガラの滝は、アフリカのビクトリアの滝・南米のイグアスの滝と並んで「世界三大瀑布」とされています。年間の平均水流量はナイアガラの滝が1位!

豆知識!ナイアガラの滝には3つの滝がある

意外と知られていないですが、ナイアガラの滝には3つの滝が存在しています。ナイアガラの滝は「カナダ滝」「アメリカ滝」「ブライダルベール滝」の3つで構成されています。一番大きく目立つのがカナダ滝なのでナイアガラの滝=カナダ滝をイメージされている方も多いと思います。

ナイアガラの滝の全体図
ナイアガラの滝の全体図

冬のナイアガラの滝:メリット・デメリット

メリットは雪とのコラボレーションが見れる&空いてる

冬のナイアガラの滝

なんといっても雪景色と滝のコラボが見れること!大寒波が来ると滝全体が凍ることもあるらしいのですが、それはごく稀のこと。大寒波が来なくても滝以外のところは雪が積もっていたり氷柱ができるので、撮影しがいがありました!

ナイアガラの滝周辺の様子

あと観光客が圧倒的に少ないことですかね。夏は行列が出来てすごく混み合うそうですが、冬は午前中はほぼ貸し切り状態になるくらい空いていました!撮影メインの方はゆっくり人を入れないで撮れるので良いと思います◎

デメリットは天気が良くないこと

夏でも天気が悪い日はありますが、冬は特に曇りの日が多い。今日も晴れるのを願いましたが1日中曇っていました。スカイロンタワーにいるときに一瞬だけ晴れたのですが、その時は滝が生き生きしていて、晴れに叶うものはないと思いましたね。

冬のナイアガラの滝POINT①:大迫力の滝を目の前で!

大迫力の滝を目の前で見ることのできる「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ」というスポットは必見です!ダイナミックな滝の裏側や真下から滝を見ることができます。入り口はテーブルロックセンター内にあります。

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールの受付

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズは有料です。私たちが行った時はキャンペーンをやっていてWONDERパスというものを45$で購入しました。

ナイアガラパークスの料金表
WONDERパス

この受付右横にジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズへのドアがあります。

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズの入口までの階段

地下へ下がって階段の上り下りをしていくと、エレベーターガールの方がいて、その方が一緒にジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズの入り口に案内してくれます!

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズの入口

地下空間になっていて薄暗い!ここを突き進むとビューポイントに出ます。

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズのビューポイント

午前中はほぼ貸切でしたが12時を過ぎると団体ツアー客などが来たので午前中に行くのがおすすめですよ!目の前の吹き抜け部分からの景色がこちら。

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズから見たナイアガラの滝

天気が曇っているのもありだいぶガスって見えますね。。快晴の時はもっとキラキラして綺麗だと思うのですが、仕方ない。それでも水量とデカさはさすがでした!!

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズから見たナイアガラの滝

ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズの右手には小窓があり、こんな動画も撮れます!

■ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ(Journey Behind the Falls)

ウェブサイトhttps://www.niagaraparks.com/visit/attractions/journey-behind-the-falls/
料金大人$21.95
場所https://goo.gl/maps/hJtjmiE7Aw1PieAD7
営業時間9時〜20時(土日は22時まで)※時期により変動あり
おすすめ度★★★★★
ウェブサイトhttps://www.niagaraparks.com/visit/attractions/journey-behind-the-falls/
料金大人$21.95
場所https://goo.gl/maps/hJtjmiE7Aw1PieAD7
営業時間9時〜20時(土日は22時まで)※時期により変動あり
おすすめ度★★★★★

冬のナイアガラの滝POINT②:雪化粧した滝を上空から見る!

タワーの上から滝を見るのもおすすめです◎雪化粧した滝全体を見ることができますよ。

ナイアガラの滝で人気観光地となっているのがスカイトンタワー(Skylon Tower)です。なんと高さ160mの展望タワーです!形は京都タワーに似ています。個人的にスカイロンタワーはめちゃくちゃ良かったです。地上からだと水しぶきやらで滝が曇ってしまうのですが上空からだとそれが軽減されるんです。

スカイトンタワーはジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズから歩いて10〜15分で行けます。

スカイロンタワーの入口

中に入ると1階部分にチケット売り場があります。チケットは大人16.24$。ウェブサイトで予約すると割引があるので事前に買う余裕がある方はぜひウェブサイトで。

スカイロンタワーの屋内

ガラス張りのエレベーターに乗って、わずか52秒で最上階の展望デッキまで上がります。下のフロアにはレストランが入っているみたい。

スカイロンタワーの展望デッキ

展望デッキから外に出ることができ、360度一周できます!上空からカナダ滝(Canadian Falls)、アメリカ滝(American Falls)、ブライダルベール滝(Bridal Veil Falls)、市街地全部見渡せます。見晴らし良い!でもめっちゃ風強くて寒い!!

スカイロンタワーから見た冬のカナダ滝

寒さに負けじと撮影しまくります。カナダ滝も上からの方が見やすい!雪も入ってかっこいい。

スカイロンタワーから見た冬のカナダ滝

ちなみに400mmの望遠レンズで撮影しています。滝からはかなり遠いので意外にも100-400mmのズームレンズが大活躍でした!

拡大したカナダ滝

こっちがアメリカ滝。アメリカ滝は水が落ちたところに岩がたくさんありますね!

スカイロンタワーから見た冬のアメリカ滝

岩に雪が降り積もって綺麗!まさに雪と滝のコラボ!

スカイロンタワーから見た冬のアメリカ滝

こちらがブライダルベール滝。カナダ滝とアメリカ滝と比較すると小降りですがそれでもゴウゴウととどめなく水が流れ落ちていて大迫力!周りにこびりついた雪も雰囲気あって良い。

スカイロンタワーから見た冬のブライダルベール滝

岩壁にも雪がこびりついています。氷柱も出来ていました!

冬のナイアガラの滝で発生する氷柱

望遠レンズじゃないと見えない景色がたくさんあるので、望遠レンズ持っている方はぜひ持っていてほしいです!

展望デッキは本当に風が強くて地上よりだいぶ寒いので、長時間いると体が冷え切るので要注意!私は撮影に夢中で長時間いたのですが、体が冷え切ってしまいそのあと大変でした…

■スカイロンタワー(Skylon Tower)

ウェブサイトhttps://www.skylon.com/
料金大人$16.24
場所https://goo.gl/maps/noADKYKx8TnSL1Bb9
営業時間9時〜22時(金土は23時まで)※時期により変動あり
おすすめ度★★★★★
ウェブサイトhttps://www.skylon.com/
料金大人$16.24
場所https://goo.gl/maps/noADKYKx8TnSL1Bb9
営業時間9時〜22時(金土は23時まで)※時期により変動あり
おすすめ度★★★★★

冬のナイアガラの滝POINT③:お土産や休憩はここで!

お土産はテーブルロックセンターという場所がおすすめかな。2階にはテラスがあり、そこから滝を一望できます。建物内に観光案内所もあるので人気のビューポイントです!テーブルロックは無料で自由に入れます。

テーブルロックセンター

入り口はこんな感じ。ちょっとレトロな雰囲気。

テーブルロックセンターの入口

中はとても綺麗です。お手洗いだけでなくシャワールームもありました!冬は水量が少ないので水しぶきで濡れることはないのですが、夏はカッパが必須なほどびしょ濡れになるんだって。

テーブルロックセンターの屋内

お土産屋さんもあります。メープルシロップもたくさん!缶バッチ、マグネット、マグカップ、セーター、キーホルダーたくさん種類がありましたよ!

テーブルロックセンターのお土産屋

■テーブルロックセンター(Table Rock Centre)

料金無料
場所https://goo.gl/maps/qQaaP1ThFGenwTQi7
営業時間9時〜22時※時期により変動あり
おすすめ度★★★☆☆
料金無料
場所https://goo.gl/maps/qQaaP1ThFGenwTQi7
営業時間9時〜22時※時期により変動あり
おすすめ度★★★☆☆

冬のナイアガラの滝POINT④:人気料理店が空いている

ナイアガラの滝周辺には飲食店がたくさんあります。世界中の料理が食べられます!夏こそ行列で入れないお店も、冬なら観光客が少ないので待ち時間なく入れます。Uberもすぐ手配できるので、サクッと行ってしまうのも手です。

私たちはランチにQueens通りにあるクレープの人気店「Paris Crepes Cafe」へ行ってきました!

Paris Crepes Cafe

店内は落ち着いた雰囲気でおしゃれ。

Paris Crepes Cafeの店内
Paris Crepes Cafeのメニュー

食事系メニューとしてウフムーレットを注文。ウフはフランスで卵という意味。ベーコン、玉ねぎ、エシャロット、マッシュルーム、様々なスパイスを加えて煮込んだ赤ワインソース仕立てのお料理。クレープが有名なお店ですが、美味しくて感動しました!!

Paris Crepes Cafeのウフムーレット

名物のクレープは種類がたくさんあって迷いましたがナイアガラフォールズクレープを注文。フルーツ(ベリー、ブルーベリー、いちごなど)、アイスクリーム、ひとつひとつがレベル高くて、何よりソースも絶妙で絶品でした。クレープってこんなに美味しいんだ。

Paris Crepes Cafeのナイアガラフォールズクレープ

冬のナイアガラの滝POINT⑤:おしゃれなユニオン駅で撮影

私たちはトロント市内に宿泊していました。ナイアガラの滝に行く前にユニオン駅に寄ったのですが、結構良かったのでおすすめです!

ユニオン駅周辺の高層ビル
宿泊マンション出口からの眺め
CNタワーと周辺のビル群
高さ553.33mのCNタワーが見えます。2007年まではこのCNタワーが世界で最も高い塔だったんだって。

ユニオン駅はカナダ最大規模の駅で、利用者数も最大です!

ユニオン駅

UP EXPRESSというトロントピアソン空港を結ぶ鉄道路線の最終駅でもあるため、トロントに来たら利用する人が多いみたいです。天井が高く、真ん中に時計台があるのが特徴!

ユニオン駅の構内

ユニオン駅の目の前には、フェアモント・ロイヤル・ヨークがありこれまたかっこいい!外国に来たって感じがします。時間に余裕があったら寄ってみてください!

Fairmont Royal York

ナイアガラの滝のアクセス情報

ナイアガラの滝はどこにある?交通手段は?

カナダのオンタリオ州とアメリカの国境境にあります。両国間はレインボー橋を渡って行き来できるようになっています!

トロントからナイアガラの滝にリーズナブルに行くには、グレイハウンド、メガバス、エアバス、VIA鉄道があります。ただ、どれも乗り換えが必要になってしまいのがデメリット。今回私たちは夕方に仕事が入っていたのもあり時間優先でUberを選択しました。行きは143CADで14,000円ほど。

ナイアガラの滝を示す看板

帰りは噂通り行きより高くって284CADで28,000円ほど。ナイアガラの滝からトロントは1時間ちょいでかなり離れているのでUberの人からするとあまり行きたがらないのでしょうね〜。でも夕日バックで気持ちよかったし、車内で作業できたりしたので私たちは良かったです!

Uberの車内

ナイアガラの滝周辺にはWEGOというバスがアトラクションや主要ホテルを巡回しています。WEGOにはブルー、グリーン、レッド、オレンジのラインがあり、乗り場の看板下を見ると分かるようになっています。

WEGOの看板

それぞれ行き先や運行間隔が20分、30分と違ったりするので、時刻表の写真を撮っておくと良いです!チケットはデイパスのみでホテルや観光案内所で購入できます。(大人で9ドル)

WEGOのバス

ナイアガラの滝は時間があれば徒歩で周りきれるので、バスのこと調べるのが面倒という方は徒歩でいいと思います!下記の写真の奥にナイアガラの滝があって左手にスカイロンタワー(Skylon Tower)があります。こんな感じで完全に整備された観光地です。

ナイアガラの滝周辺の観光地

夜ご飯はトロント市内で絶品イタリアン

この日は夕方にはトロント市内に戻り、仕事を対応しました。夜ご飯は宿のすぐ近くの「TAVERNA」というお店へ!

TAVERNAのビール

ラザニア。チーズたっぷりですが全然くどくなくてものすごく美味しかった!

TAVERNAのラザニア

マッシュルームのピザ。ピザもレベル高い。ここ本当に美味しいです。

TAVERNAのマッシュルームピザ

北極イワナ。表面がパリパリで美味しい!付け合わせの野菜グリルも絶品。

TAVERNAの北極イワナと野菜グリル

ランチもディナーがびっくりするくらい美味しくて大当たりの日でした!!

2023.2.6

前の記事へ
極寒カナダ旅のはじまり。12時間のフライトでトロント(Toronto)へ

DAY1

2023.02.05
トロント
極寒カナダ旅のはじまり。12時間のフライトでトロント(Toronto)へ
次の記事へ
トロントからホワイトホース(Whitehorse)へ!レンタカーのトラブルあり

DAY3

2023.02.07
トロント
トロントからホワイトホース(Whitehorse)へ!レンタカーのトラブルあり

カナダ旅

カナダ旅

40度の極寒世界、オーロラ、犬ぞり、氷結した湖などまさに冒険尽くし。白銀の世界を巡る!

こちらの記事も人気です