トロントからホワイトホース(Whitehorse)へ!レンタカーのトラブルあり
DAY3

トロントからホワイトホース(Whitehorse)へ!レンタカーのトラブルあり

ホワイトホース

カナダ旅3日目はホワイトホース(Whitehorse)へ移動

ポッドキャスト:

今日はトロント(Toronto)からホワイトホース(Whitehorse)へ移動する日です!トロントからホワイトホースへは直行便がなくバンクーバー(Vancouver)経由になります。ホワイトホースはトロントに比べて気温が低いので寒さに耐えられるでしょうか!?

ホワイトホースの気温

トロント空港からバンクーバー経由でホワイトホースへ!

朝の便なので早起きしてパッキングしました。荷物が多いのでいつも時間かかるのですが今日はスムーズにいって前倒しで家を出れました!Uberでトロント空港(Toronto Airport)に到着。

大量の荷物を持って移動する様子

トロント空港(Toronto Airport)で荷物を預ける

早速空港内に入って手荷物カウンターで荷物を預けに行きます!ターミナル1はエアカナダ(Air Canada)だらけ。

トロント空港のターミナルマップ

朝だからか人はかなり少なかったです。

朝のトロント空港ターミナル

受託手荷物の上限が23kgなのに32kgだと勘違いしていて、重量オーバーというアクシデントがありました。というかなぜか荷物を測るのを忘れていました…。

受託手荷物が重量オーバーした様子

優しい空港のスタッフさんでしたが、「本当に申し訳ないけど、ちょっと25.8kgは通せない」とのことで、「スーツケースの中身を機内持ち込み荷物に移動させて軽く出来ない?」と提案してくれました。その助言通り、スーツケースの中身を調整することにしたのですがその時も「シャンプーやリンスーは液体だからやめた方がいいよ」「それならいいね!」とアドバイスを真摯にしてくれました。

荷物を移動させてスーツケースの荷物をもう一度測ると23kgジャスト!!その場にいた4名くらいのスタッフの方みんな一緒に喜んでくれました!いい人たちだったなあ。

トロント空港(Toronto Airport)での朝ごはんはワッフル型ホットケーキとチキン

トロント→バンクーバーは5時間のフライトですが国内線のため機内食はつかないので、乗る前に軽食を取りました。ワッフル型ホットケーキとチキンが有名な「The Dirty Bird Chicken & Waffles Express」へ。

The Dirty Bird Chicken & Waffles Expressのホットケーキとチキン

チキンは手のひらサイズでものすごく大きかったですが、カリカリでめっちゃ美味しい!ホットケーキはメープルシロップをたっぷりかけて食べました。ふわふわもちもちでこれもめっちゃ美味しかったです!(写真が綺麗じゃなくて美味しさを伝えられないのが残念…)

■The Dirty Bird Chicken & Waffles Express

オフィシャルウェブサイト:https://www.thedirtybird.ca/photos

店舗サイト:https://www.torontopearson.com/en/while-you-are-here/toronto-airport-restaurants/dirty-bird-chicken-and-waffles

トロントから乗継先のバンクーバー(Vancouver)へ

搭乗中のAIR CANADAの飛行機

トロントからバンクーバーへは5時間のフライトですが最初の方、めっちゃ揺れました。これまで何回も飛行機に乗っていますがそれでも怖いと思うくらいの揺れでした。ある意味空を飛んでいるんだと実感できました…。

乗り継ぎ先のバンクーバー空港では1時間の待ち時間があったので「Pacific Farms Market」でお昼ごはんを食べることに。ベーコンチーズバジルのスコーンが異常に美味しかったです。日本で売ってほしいと熱望します。メキシカン系のチェダーチーズのスコーンも美味しかったです!

Pacific Farms Market

■Pacific Farms Market

店舗サイト:Pacific Farms Market

バンクーバーからホワイトホース(Whitehorse)へ

バンクーバー空港→ホワイトホース空港までのフライトは長細い機体で横に4列しかないタイプ。窓からホワイトホースの景色が見えてワクワクしました!雪山が並んでいて見たことのない景色でした。

飛行機内から撮影したホワイトホース

ホワイトホースに到着して荷物を受け取りに行きます。トナカイ2頭の剥製が出迎えてくれました。ホワイトホースっぽい!

ホワイトホース空港の荷物受取所

ホワイトホース(Whitehorse)でレンタカーを借りる

荷物を受け取って出口へ。ホワイトホース空港(Whitehorse Airport)は小さく、こじんまりとしていました。

ホワイトホース空港の出口へ向かう様子

出口を出てすぐ右手にレンタカー会社が並んでいます。下の写真の右手奥が荷物受け取り所。

レンタカー会社で手続きする様子

受付を終え、予約していた車を取りに行くことに。スタッフの方は案内なしで自分達で外の駐車場から見つけるスタイル。マイナス5度は意外に平気だけど、重い荷物を引いてこの移動はちょっと大変。

駐車場までの道

車を見つけました!

駐車場とレンタカー

外傷やタイヤをチェックしていると、タイヤが摩耗していてツルツルになっているのを発見!他の車を見たらそんなことにはなっていなかったのでスタッフさんに問い合わせてみることに。

摩耗したタイヤ

写真を見せると「これはひどいね。明日新しい車を用意するね」とのことで、明日またレンタカー屋に行って交換してもらいます!今日はとりあえずこの車でしのぎます。ちなみにどの車もフロントガラスが割れていました。

割れたフロントガラス

ホワイトホース(Whitehorse)のスーパーで買い出し

レンタカーでリアルカナディアン・スーパーストア(Real Canadian Superstore)へ!普通のスーパーだけど巨大です。

Real Canadian Superstore

じゃがいもやにんじんが小売で売っているのが良かったです!アフリカでは大量買いしかできなかったので助かります。あと種類が多かったです。マッシュルームでも5種類くらいあったかな。

Real Canadian Superstoreの店内

買ってはないですがお豆腐も売っていました!ちょっと変わった味でしたがネギも売っていました。

Real Canadian Superstoreの豆腐売り場

自炊する予定なのでたんまり買いました!

Real Canadian Superstoreで購入した食材

ホワイトホース(Whitehorse)の宿紹介

ホワイトホース(Whitehorse)ではユーコン野生動物保護区(Yukon Wildlife Preserve)近くのairbnbの宿を予約しています。市内からだと車で30分以上かかるのですが、自然豊かでゆっくりできるところです。夜道が街灯が全然なくて怖いですが…。

後日撮影した宿の外観↓

airbnbの宿

半地下が私たちの部屋で、上の階にホストが住んでいました。半地下というと湿っぽかったり空気が悪いイメージですが、全然そんなことはなく快適でした。イエローナイフやジャスパーの宿も地下室があったので寒い地域だと地下室があるのは一般的なのかも。

完全に荷物置き場になりましたが、宿のリビングにはビリヤード台がありました!

宿にあるビリヤード台

キッチンも完備。鍋の種類も多く自炊しやすかった!

宿のキッチン

ベッドルーム。窓がついているのでオーロラが出ているかチェックできます!

宿のベッドルーム

夜はトマトソースでシーフードパスタを作りました。牡蠣を入れたのですがぷりぷりで美味しかったです!

牡蠣入りシーフードパスタ

夜は家の近くでオーロラが見たくて撮影にトライ!家のそばは何もないので真っ暗で撮影しやすい環境でした。オーロラらしきものが見えたような気がしますが、オーロラという確証はないのでまた明日に期待です!

2023.2.7

前の記事へ
白銀の世界が広がるナイアガラの滝!冬の見どころは?

DAY2

2023.02.06
ホワイトホース
白銀の世界が広がるナイアガラの滝!冬の見どころは?
次の記事へ
アラスカハイウェイをドライブ!ホワイトホースで初のオーロラ観測

DAY4

2023.02.08
ホワイトホース
アラスカハイウェイをドライブ!ホワイトホースで初のオーロラ観測

カナダ旅

カナダ旅

40度の極寒世界、オーロラ、犬ぞり、氷結した湖などまさに冒険尽くし。白銀の世界を巡る!

こちらの記事も人気です